クロスメディア事業


コンテンツのブランディング価値向上を商品化の面からサポートいたします

コンテンツのブランディング価値向上を商品化の面からサポートいたします

BIG FACEでは、ライセンス事業として、人気コンテンツの商品化窓口を担当しております。
各コンテンツの持つ世界観を最大限に生かした商品を生み出し、
商品化の面からコンテンツのブランディング確立、人気の拡充をサポートさせて頂いております。

また、弊社ならではの強みとして、他部署と連動した様々なメディア戦略を駆使し、
コンテンツの更なる価値向上のお手伝いも可能です。

コンテンツを使用したいライセンシー様には、
コンテンツの魅力を最大限に活かした素晴らしい商品を生み出すまでのお手伝いを。
コンテンツを所有するライセンサー様には、コンテンツが持つ可能性を最大限に活かす為の多角的なお手伝いを。

ライセンス事業部は、ライセンサーとライセンシー双方の力になれる存在です。

事業責任者:アニメ制作局局長     橋本 友宏
      クロスメディア事業局局長 井口 亮
お問い合わせ

主な制作実績

HiGH&LOW g-sword

ドラマに映画など大ヒット「HiGH&LOW」から、CLAMP描き下しでフラッシュアニメ化。
アニメ制作としてBIGFACEが携わっています。

スナックワールド

先行して連載が始まったマンガも大人気、ゲーム発売へ期待が高まる中、満を持してのアニメ放送。
制作、商品化窓口としてBIGFACEが携わっています。

licence_yokai

妖怪ウォッチ

大人気のゲーム、マンガに続いて大ヒット間違いなしのアニメ化に制作、商品化窓口として
BIGFACEが携わっています。

「イナズマイレブン」 商品化窓口

ゲーム、アニメ、映画、コミック、舞台等で大人気のイナズマイレブン。
様々に展開する商品化の窓口を担当しています。

「ダンボール戦機」 商品化窓口

2011年よりゲーム、アニメ、コミックのクロスメディア展開を開始したダンボール戦機。
これからさらに拡がっていく展開のひとつとして商品化の窓口を担当しています。